spokeydokeyblog.com

日本 刀 構造

Дата на публикация: 13.12.2020

日本刀の地刃の働きは主に鋼を焼き入れした時に生じる マルテンサイト によって構成される。. 正秀の弟子は全国各地へ散り、文字通り新々刀期の刀工のうち、正秀の影響を受けていないものは皆無と言って良いほどである。著名な弟子に 大慶直胤 、細川正義、加藤綱俊がおり、各々正秀と同様、多くの門人を育てた(周防岩国の青龍軒盛俊は加藤綱俊の門下)。. 南蛮貿易 による 鉄砲 の伝来によって、合戦の形態や刀剣の姿は急速に変わっていった。まず、鉄砲に対抗するため 甲冑 が強化された。また、大規模な合戦が増えたため、長時間の戦闘に耐えるべく、従来の片手打ちから両手で柄を握る姿となり、身幅広く、重ね厚く、大切先の刀剣が現われ始めた。この姿が 豊臣秀吉 による天下統一後にも受け継がれ、豪壮な「慶長新刀」体配を生み出す土壌となった。南北朝時代から使われた大身槍 [33] が室町時代末期から安土桃山時代の軍記などの文献にはよく現れ [34] 、南北朝時代に流行した大太刀・野太刀が安土桃山時代に再び流行した [35] 。また、室町時代に大太刀の改良型である長巻が登場し、戦国時代に最もよく使われた [29] 。.

文字サイズ 小 javascript:void 0 javascript:void 0 中 javascript:void 0 javascript:void 0 大 javascript:void 0 javascript:void 0. 電子版の記事が今なら2カ月無料 無料・有料プランを選択 春割で申し込む. 日本刀 種類 刀 原開発国 日本 諸元 刃長 約60—73 cm( 刀剣・日本刀写真 日本刀YouTube動画・映像 日本刀拵写真 日本刀拵 YouTube動画・映像 甲冑(鎧兜)写真 甲冑(鎧兜) YouTube動画・映像. 日本刀の構造と 部位の名称. 弥生後期(~年頃)になると、出土品に鉄製の長剣や大刀・鏃などが出現し、矛も依然として見られる。これらはおそらく日本列島産で、原料は砂鉄を用い鍛造法で作られ、後期の終わりになるに従い1m程度の大刀が多数国産できるようになったが、これは、製鉄技術が砂鉄の多い山陰や近畿各地に導入されたためであり、大倭王部族の鉄器独占が終わったことを意味するものでもあり、また、広幅の銅矛と銅剣が西日本で乱雑に棄てられた状態で発見されており、銅広矛などは祭儀用または部族の象徴として用いられたとされているので、この廃棄現象は鉄剣・矛の普及に伴うこれらの敗北を示すものである。馬は日本では乗用にならない南方系の小型馬が南九州以前の地に生息していただけで、騎乗の習慣はなかったが、新羅は早くから小柄の馬ながらも乗馬の習慣があり、戦にも若干の騎兵を使用したが、装甲のない軽騎兵のため倭の歩兵も十分に対抗できた [61] 。.

No reproduction without permission. [19] [21] [19] [21] [19] [19] [22] [19] [19] [22] [23] [19]. [1]. 45 1.

アクセスランキング 一覧. 日中戦争 ( 支那事変 )中、日本軍将校2人が 百人斬り競争 を行ったという。将校の一方は自らの関の孫六について、56人の時点で刃こぼれが1つ、86人の時点で「まだ百人や二百人斬れるぞ」と言ったという( 東京日日新聞 年11月30日・同12月4日)。 これについて「名誉毀損」として訴訟が起きており、「全くの虚偽であると認めることはできない」とされた高裁判決が確定している。ただし、この裁判自体は戦時報道の虚偽性に関するものであり、日本刀の性能に関しては判断されていない。判決自体も結局のところ「総合的には真実とも虚偽ともどちらとも言えない」というような曖昧なものである。 [ 要出典 ].
  • プロ野球 MLB サッカー ゴルフ フィギュア ラグビー 相撲 競馬 高校野球 格闘技 その他スポーツ Tokyo コラム. 鎌倉初期の日本刀は、 平安 後期にみられる初期日本刀の上品さを思わせる姿から、鎌倉中期に確立された豪壮な造りに移行する過渡期にあった [13] [15] 。反りに関しては、平安後期のような鎺金(はばきがね)のある部位から勢いがついて曲がるような形状から、鎺元の上あたりに反りの中心がくるような上品な立ち姿へと変化していった [13] 。また、切先は小切先に分類されるが、この時期になると一回り大きくなり、それに伴い元身幅と先身幅の間が小さくなっていった [13] 。この時期の日本刀を代表する刀工の栗田口久國の地金にみられるように、肌がよくつんで微細な地沸が良く付いたきれいな地金が造られるようになった [16] 。刃文も美麗な小丁子乱がみられるようになり [16] 、華麗な見栄えに加えた勇渾な作品が目立つようになってきた [15] 。.
  • 今日では日本刀は武器ではなく、 居合道 ・ 抜刀道 といった 武道 用の道具、 絵画 や 陶器 と同格の 美術品 であり、その目的でのみ製作・所有が認められている。世界の刀剣の中でも日本刀は、美術品としての価値が高く、 国宝 、 重要文化財 に指定、あるいは 重要美術品 に認定されたものもある。日本刀は独自の鍛錬による、さまざまな刀姿、刃文、帽子、茎形、銘を鑑賞する、いわば鉄の芸術品であり、その価値を知るには、特色をよく理解しなければならない。日本刀の鑑賞の歴史は千年以上の歴史があり、名刀と言われる日本刀は、実際に武器として使われず、千年以上時を経ても健全な形で残っていることも多い。現代刀に関しては、刀匠1人当たり年に生産してよい本数の割り当てを決め、粗製濫造による作品の質の低下を防いでいる。しかしその一方で、作刀需要が少ないため、一部の刀匠を除き多くの刀匠は本業(刀鍛冶)だけでは生活が難しく、かと言って上述の本数制限もあり無銘刀は作刀できず、武道家向けに数を多く安く作りその分稼ぐこともできないため、他の伝統工芸の職人と同じく数々の問題を抱えている。そのような状況の中でも現代の刀匠も、美術品としての日本刀の作刀を、さまざまな形で現代に伝えている。. また、平造り・切刃造りに代わって、刀身の断面が長菱形である「鎬造り(しのぎづくり)」の刀剣が造られるようになったのもこの時代である。「鎬造り」は平造り・切刃造りより頑丈で斬りやすいとされている。以上の変化の過渡期にあたるのが柄が刀身と共鉄の 毛抜形太刀 や、鋒両刃(きっさきもろは)造りで反りのある 小烏丸 (こがらすまる)である(小烏丸は古伝書には 大宝 年間(8世紀初頭)の刀工・ 天国 (あまくに)の作とあるが、実際の制作は平安中期と見るのが定説となっている)。 毛抜形太刀 は、 藤原秀郷 所用と伝える 伊勢神宮 のものが著名である。柄に 毛抜 形の透かし彫りがあることからこの名がある。.

刀 身 構 造 の 解 明

日本軍において下士官兵( 騎兵 ・ 輜重兵 ・ 憲兵 など帯刀本分者)の軍刀は基本的に官給品であり扱いは「 兵器 」であるが、将校准士官の軍刀は上述の建軍まもない年の太政官布告以降、 第二次世界大戦 敗戦 による日本軍解体に至るまでほぼ一貫して服制令上の制式であり、そのため扱いは「兵器」ではなくあくまで 軍服 などと同じ「軍装品」であった(軍刀を含む将校准士官が使用する大半の軍装品は自弁調達であるため、官製のものを購入していても「私物」であった)(「 軍服 大日本帝国陸軍 」および「 軍服 大日本帝国海軍 」参照)。. 電子版の記事が今なら2カ月無料 無料・有料プランを選択 春割で申し込む. 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら. また、平造り・切刃造りに代わって、刀身の断面が長菱形である「鎬造り(しのぎづくり)」の刀剣が造られるようになったのもこの時代である。「鎬造り」は平造り・切刃造りより頑丈で斬りやすいとされている。以上の変化の過渡期にあたるのが柄が刀身と共鉄の 毛抜形太刀 や、鋒両刃(きっさきもろは)造りで反りのある 小烏丸 (こがらすまる)である(小烏丸は古伝書には 大宝 年間(8世紀初頭)の刀工・ 天国 (あまくに)の作とあるが、実際の制作は平安中期と見るのが定説となっている)。 毛抜形太刀 は、 藤原秀郷 所用と伝える 伊勢神宮 のものが著名である。柄に 毛抜 形の透かし彫りがあることからこの名がある。.

同時代の著名な刀工としては、備前国の末古備前派の正恒・延房・吉包、同国の古一文字派の 則宗 ・助宗・助則、同国の福岡一文字派の延房・宗吉・助包、山城国の 粟田口派 の國友・久國・國安、大和国の古 千手院派 の行信・重弘、陸奥国の舞草派、出羽国の月山派、伯耆国の安綱派、備中国の古 青江派 の守次・恒次・康次・貞次・助次・家次・正恒、豊後国の定秀派、薩摩国の古波平派の行安などが存在する [16] [17] [18] 。.

  • 平安時代後期、特に武家勢力が活発になった 前九年の役 や 後三年の役 あたりから武家の勢力が増大し、これに伴い太刀が発達し、通常これ以降の物を日本刀とする。良質な 砂鉄 がとれる 雲伯 国境地域や 備前国 と、政治文化の中心である 山城国 ・ 大和国 などに刀工の各流派が現れてきた。 源頼光 が 大江山 の 酒呑童子 を斬ったとされる「 童子切 」( 伯耆国 の 安綱 作、 国宝 )や キツネ に合鎚を打たせたという伝説のある「 小狐丸 」(山城国の 三条宗近 作、 第二次大戦 時に焼失)などがこの時期を代表する日本刀である。「童子切」の作者である雲伯国境の安綱は古伝書には時代を9世紀初めとするが、現存作品を見る限りそこまで時代は上がらず、平安中期、10世紀末頃と見るのが刀剣史では通説となっている。安綱のほか、山城(京)の三条小鍛冶宗近、 古備前友成 などが、現存在銘作のある最古の刀工とみなされる。.
  • ウィキメディア・コモンズには、 日本刀 に関連する メディア および カテゴリ があります。. カバーストーリー 私の履歴書 文化往来 美の十選 アートレビュー 読書 囲碁・将棋 エッセー 赤神諒「太陽の門」 朝井まかて「秘密の花壇」 伊集院静「ミチクサ先生」休載中.

[64] [65] [66] [67]. 60-73 cm .

よく読まれている記事

古刀期以降の刀工が主たる原材料としてきたものは、砂鉄を原料とした たたら吹き によって製造される「 玉鋼 」と呼ばれる鋼である。玉鋼の名称は古来のものではなく、明治時代半ば以降に命名されたもので、もとは島根県の安来製鋼所で製造し、陸軍、海軍に坩堝の材料として納入していた鋼の商品名であった [43] [44] 。分析から、鋼の質については鎌倉時代を頂点にそれ以降低下し始めるという現象が起こっており、一因としてどこかで鋼を作る製法に変化があった可能性について述べられることもある [45] 。上古刀に関しては、鉱石系箱形炉という鉄鉱石を原材料にした小型の炉が用いられていたことが判明している。以下の説明は、現代刀工によって行われている一般的な製作方法である [46] 。.

また、平造り・切刃造りに代わって、刀身の断面が長菱形である「鎬造り(しのぎづくり)」の刀剣が造られるようになったのもこの時代である。「鎬造り」は平造り・切刃造りより頑丈で斬りやすいとされている。以上の変化の過渡期にあたるのが柄が刀身と共鉄の 毛抜形太刀 や、鋒両刃(きっさきもろは)造りで反りのある 小烏丸 (こがらすまる)である(小烏丸は古伝書には 大宝 年間(8世紀初頭)の刀工・ 天国 (あまくに)の作とあるが、実際の制作は平安中期と見るのが定説となっている)。 毛抜形太刀 は、 藤原秀郷 所用と伝える 伊勢神宮 のものが著名である。柄に 毛抜 形の透かし彫りがあることからこの名がある。. 刀剣用語集 刀剣ことわざ集 刀剣四文字熟語集 甲冑・武具用語集. 刀剣史上注記すべき点としては、長らく続いた備前長船一派が度重なる 吉井川 の氾濫で天正末期に壊滅したことがある。これによって備前鍛冶の伝統は一時休眠状態となった。そのため、各地の 大名 は量産体制のある美濃の鍛冶をこぞってお抱え刀工に採用した。この点は「新刀」を語る上で非常に重要なポイントとなる。.

10 [52] [50]. 6 6 9 2. [10] [10] [10] [11] [ ]. Japanese swordkatanaThe Japanese Sword MuseumSamurai sword [ 2] [9] .

この記事に関連するページ

江戸 においては、 幕府 お抱え刀工である越前下坂 康継一派 が大いに活躍し、また、石堂(いしどう)と呼ばれる備前鍛冶の末裔を名乗る刀工、室町期の法城寺(ほうじょうじ)派の末裔を名乗る刀工、武州土着の下原鍛冶も出現し、お互い技量を高めた。また、 島原の乱 以降平和な時代が続き、寛文頃になると、 剣術 が 竹刀稽古 中心となった影響で、 竹刀 に近い、反り浅く伏せごころで小切先詰まる刀が求められた。この姿を 寛文新刀 と呼び、江戸時代の刀剣の姿の代表である。寛文新刀の中心地は江戸であり、その武骨な姿が武芸者に好まれた。主な刀工としては、江戸越前康継(3代)・ 石堂是一 (初、二代)・ 和泉守兼重 ・ 上総介兼重 ・ 大和守安定 ・ 法城寺正弘 ・八幡平高平・そして特に著名な長曾祢 虎徹 、奥里、奥正がいる。少し後れて、石堂派から 日置光平 、対馬守常光がいる。.

また、日本刀が貴ばれた結果、それを作る者にはしばしば朝廷から正式な官位が与えられ、公的な地位が高かったことも、諸外国と比べたときの特色である。13世紀初頭に 後鳥羽上皇 が自身の 御番鍛冶 に官位を与えたのがその始まりとされる [3] 。少数ではあるものの、刀工の中には 貴族 、すなわち五位以上の位に登る者さえいた。江戸時代以前に貴族に叙爵された名工として、 天文 の代の 千子村正 (五位を示す「藤原朝臣村正」を名乗る)が一般に名高いが、その他、4代 備前長船勝光 (右京亮=従五位下相当)、 備前長船康光 (左京亮=従五位下相当)、 備前長船盛光 (修理亮=従五位下相当)、 織田信長 のお抱え鍛冶 陸奥守大道 (陸奥守=従五位上相当)などがいる。江戸時代には陸奥守大道の子の 伊賀守金道 が「日本鍛冶惣匠」として刀工への 受領名 斡旋を制度化する [4] など、日本刀は他の工芸に比べて特別視されてきた。.

表示 閲覧 編集 履歴表示. ぜんちょう 全長 なかご 茎 かみ 上身 きっさき 切先、鋒 ものうち 物打 かさね 重ね やすりめ 鑢目 そり 反り みはば 身幅 はまち 刃区 めくぎあな 目釘穴 むねまち 棟区 はちょう 刃長 みつがしら 三つ頭 めい 銘 なかごじり 茎尻 みつかど 三ツ角 はばきした 鎺下. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

[1]. [25] [26] [27] [28] [27] [29] [30] [31] [32]. 3040cm 0 5050 [61]. [5] [6] [7] [8] .

断 面 観 察 で の 刀 身 構 造

刀剣用語集 刀剣ことわざ集 刀剣四文字熟語集 甲冑・武具用語集. 政治 世論調査 コラム 写真でみる永田町 Political Num. 交易の中心地の 大坂 には、近郊から刀工が次第に集まってきた。同時代の著名な刀工としては、三品派(親国貞・国貞(二代)・吉道・河内守国助)、紀州から移住した大坂石堂派(康広、多々良長幸)、地元の助廣(初代、二代)、粟田口忠綱一派( 忠綱 、国綱)がいる。これらの刀工集団の作を 大坂新刀 と呼び、新刀の中でも特に区別される。その特徴は地鉄にあり、地鉄の美しさは新刀内でも群を抜く。背景には大坂の力と、古来から鋼の産地である備前、出雲、伯耆、播磨を近辺に控えていることもあるだろう。そして、美しい地鉄の上に華やかな刃文を創始した。特に有名なのは、大坂正宗と賞される国貞(二代) 井上真改 の匂い沸深い直刃と、助廣(二代) 津田助廣 が創始した涛瀾乱れ。中には「富士見西行」「菊水刃」と呼ばれる絵画的で華美な刃文も登場したが、保守的な武士からは退廃的だと忌避されるものもあった。また、 元禄 以降太平の世になると新たな刀の需要はなくなり、刀を作る者も殆どいなくなった。中には武芸者が特注打ちで流派に即した刀を鍛えさせているがごく少数である。その中でも粟田口忠綱二代の 一竿子忠綱 は刀身の出来、 彫り ともに優れている。.

40 HV.

見出しの下にも:
レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@spokeydokeyblog.com