• ??????

バーテミウス・ クラウチ・ ジュニアとは

細部
作成した 05.09.2020
著者: Kane
ビュー: 571

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

元は魔法省・神秘部の無言者だったが、内部情報を漏洩した罪で、当時魔法省・魔法法執行部長だった バーテミウス・クラウチ の手によりアズカバン刑務所に送られたが、年2月に脱獄した[5巻25章]。「予言」について、正しい情報を ヴォルデモート に与えた[5巻26章]。その年の6月、魔法省・神秘部に潜入し、「予言」を奪おうと、 ハリー らを襲った[5巻35章]。. 登場人物・キャスト ハリー・ポッターと炎のゴブレット バーテミウス・クラウチ・ジュニア デイヴィッド・テナント. L試験で12科目に合格する優等生だったが、のちに死喰い人となり、ロングボトム夫妻に磔の呪いをかけた罪で、 ベラトリックス・レストレンジ らと一緒に捕まる。当時魔法省・魔法法執行部長だった、父 バーテミウス・クラウチ の手によりアズカバン刑務所に送られた。間もなく発狂し、1年後に死亡したとされたが、実は亡くなったのは息子を不憫に思い身代わりになった母親。本人はひそかに自宅に連れ戻されていた。長年、 クラウチ に透明マントをかぶらされ、服従の呪文をかけられ、屋敷しもべの ウィンキー の世話になっていたが、 ヴォルデモート への信仰心を失うことはなかった。年、透明マントをかぶったまま連れて行ってもらったクィディッチ・ワールドカップで、 ハリー の杖を盗んで闇の印を打ち上げ、かけられた服従の呪文を打ち破るほど強力になって家を脱走。 ヴォルデモート のもとに舞い戻り、 ムーディー になりすましてホグワーツに潜伏した。真実を話そうとホグワーツに現れた クラウチ を殺害。 ヴォルデモート卿 が復活し、 ハリー の殺害に失敗したあと、真実薬を飲まされ自白した[4巻35章]。自白した翌朝、吸魂鬼にキスされ魂を奪われた[4巻36章]。.

クラウチジュニアは気絶して真実薬飲まされてから、起こされてるから しゃべり方がちょっとボーッとした感じなんじゃ. 音楽 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 音楽紹介 ハリー・ポッターと炎のゴブレットの音楽紹介。. 息子: セドリック・ディゴリー. 妻: ベラトリックス・レストレンジ 弟: ラバスタン・レストレンジ. 人物 ハリー・ポッターと炎のゴブレット ロン・ウィーズリー 俳優:ルパート・グリント ロン・ウィーズリーは、ホグワーツ魔法魔術学校の4年生でハリーの友人である、映画「 ・・・ ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の登場人物。純血の魔法使いの家庭に育つ。ホグワーツに入学してからは、ハリー、ハーマイオニーと仲良くなり、ハリーたちとともに騒動に巻き込まれる。赤毛がトレードマーク。「炎のゴブレット」では、これまでよりも髪が・・・. ロングボトム夫妻に磔の呪いをかけた罪で、 ベラトリックス・レストレンジ らと一緒に捕まる。当時魔法省・魔法法執行部長だった、 バーテミウス・クラウチ の手によりアズカバン刑務所に送られたが、年2月に脱獄[5巻25章]。魔法省・神秘部に潜入し、「予言」を奪おうと、 ハリー らを襲った[5巻35章]。.

[57]. 2[525]6 [535].

バーティ・クラウチJrの凄さ ・ふくろう試験で12科目ALLパス ・ヴォルデモートの服従の呪文に抵抗する程強力な魔法使いである父の服従の呪文を打ち破る ・ワームテールの協力ありとはいえ、魔法省始まって以来の優秀な闇祓いと称される警戒態勢のムーディを撃破する ・携帯用酒瓶からしか飲まないという習性をポリジュース薬に応用する ・本物から癖や情報を聞き出していたとはいえ、長年の付き合いがあるダンブルドアやマクゴナガル達を1年間完璧に騙す ・実践的でレベルの高い授業をする  作中歴代の闇の魔術に対する防衛術の中でもトップクラスに有能でハリーに与えた影響も大きい  (ルーピンも優秀だがスネイプ・偽ムーディ両名に授業が遅れていて点が甘いと指摘されている)  彼のおかげでハリーの実力はかなり上がり、ヴォルの服従の呪文に抵抗したり、後に闇祓いになったり進路を示唆している ・魅力的な生物を自慢したがるハグリッドの性格やフェア精神に溢れたセドリックの性格、  何が何でもハリーを助けようとするドビーの献身的な性格を把握、考慮した上で遠回しに手助けする ・ネビルに対しても、磔の授業で落ち込んでいる彼に対するフォローと見せつつ、  彼の薬草学という唯一の特技分野を絡め、魔法水生植物の本をさりげなく渡して伏線を仕込む ・夜回りをしていた透明なハリーとスネイプ、フィルチとのやり取りから状況を一瞬で把握して、  スネイプの言葉尻を捉えつつ「しかし謹んで報告しておこう。君の考えがいかに素早くポッターに飛躍したかを!」と過去の負い目&ポッターとの確執があるスネイプを咄嗟の起点で丸め込む  おまけにハリーに恩を売りつつ、忍びの地図ゲット ・校庭に逃げ込んで来た父親もきっちり始末 ・強力な魔力を持つゴブレットを錯乱させる ・迷宮の外から難関な試練を次々と排除する ・優勝杯をボートキーにする ・19歳からアズカバンにいたので、その時点で既にこの位の機転や狡猾さ、実力を持っていた事になる. ストーリー ハリー・ポッターと炎のゴブレット ストーリー・あらすじ紹介 ハリー・ポッターと炎のゴブレットのストーリー・あらすじ紹介。.

Writer info

ダンブル校長相手にムーディ演じきるのさすがに無理ない? ダンブル自身にワシまで騙すとはやりおる言わせてるけどさ 三校対抗で注意が行き届かないから上手くいったのかね その後の本物の行動と照らし合わせると、マルフォイタチ、ドビーに聞こえるよう大声で試合内容とか、結構危ない橋のような. 息子: ヴィンセント・クラッブ. ドビー がダーズリー家で浮遊術を使った時[2巻2章]、 ハリー がマグノリア・クレセント通りで守護霊の呪文を使った時に、ふくろう便を送ってきた[5巻2章]。. 元イングランド代表のクィディッチチーム、名ビーター。良く通る声をしている。ウィーズリー一家や ハリー 、 ハーマイオニー のために、クィデッィチ・ワールドカップの貴賓席チケットを手配してくれた[4巻5章]。選手時代、死喰い人の オーガスタス・ルックウッド に「引退後は魔法省に入省させる」と言われて、闇の魔法使いに有利な情報を教えてしまった。ルックウッドが死喰い人だとは知らなかったという言い分が通り、罪には問われなかった[4巻30章]が、闇の活動に厳しい判決を出してきた バーテミウス・クラウチ は不満だったらしい。部下の バーサ・ジョーキンズ が行方不明になっても、全く探そうとしなかった[4巻7章]。賭け事が大好きでお金にだらしがなく、 リー・ジョーダン の父親もバグマンとお金ことで揉めたことがある。小鬼に大金を借りたがなかなか返済しなかったため、クィディッチワールドカップのあとで、森の中で追いつめられ、持ってた金貨をごっそり取り上げられた[4巻37章]。.

ハリー をダーズリー家からグリモールド・プレイス12番地に連れて行くために来た護衛隊の一人[5巻3章]。違法な学生組織のリーダー ハリー を逮捕するため、 ファッジ らとホグワーツに来たが、DAグループの存在を アンブリッジ に密告した マリエッタ の記憶をこっそり修正し助けてくれた[5巻27章]。魔法省・神秘部で、 ハリー が「予言」を死喰い人に奪われそうになっている時、 ルーピン 、 シリウス らと共に現れ窮地を救った[5巻35章]。.

  • 父親:テッド・トンクス 母親: アンドロメダ・ブラック・トンクス 叔母: ベラトリックス・ブラック・レストレンジ 叔母: ナルシッサ・ブラック・マルフォイ. ああ、レギュラスじゃなくて(ヴォルデモートの信頼をある程度受けてた)クラウチJrか でもヴォルが知らないんだから知る筈ないし、ヴォルも分霊箱の事に関してはクラウチJrに対しても言わないと思う クラウチJrと同じく信頼されてたベラトリックスも預かりはしても内容自体h教えては貰えてなかったわけだし ダンブルドア自身ですら、スパイのスネイプに対して 「全ての秘密を一つの袋に入れて置きたくはない。特にそれがあの者の直ぐ傍にあるのであれば」 と言ってたからね 秘密主義のヴォルなら猶更言わないだろう.
  • とても高齢のやもめで男手一人で息子を育てたらしい。年、 ヴォルデモート の復活の儀式に参加していた[4巻33章]。年6月、魔法省・神秘部に潜入し、「予言」を奪おうとしたが、 ハーマイオニー にステュービファイ(麻痺せよ)をかけられて倒れた[5巻35章]。.

[58][525]. [316] [433][526]6 [535]. [427] [433] [526]6 [535]?

2chまとめを中心とするハリポタ系総合情報まとめサイト。 ハリポタからファンタビまで、魔法ワールドの最新情報を発信。

父親: バーテミウス・クラウチ 召使い: ウィンキー. ハリーに服従の呪文の対策を教えて完璧にしたりもしてるからなー 最初から服従の呪文への耐性高かったけどヴォルデモートの服従の呪文まで即無効にしたのは明らかにクラウチJrの授業の成果. 妻: ベラトリックス・レストレンジ 弟: ラバスタン・レストレンジ.

Facebook LINE Twitter .

息子を自宅監禁。妻の最後のお願いを聞き入れる

バーテミウス・クラウチ・ジュニアは、バーテミウス・クラウチ・シニアの息子でデス・イーターである、映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の登場人物。ヴォルデモートに仕えていたことが裁判で明らかになり、父バーテミウス・クラウチ・シニアによってアズカバン監獄送りとされていた。 脱獄し、ポリジュース薬を飲んでムーディになりすまして、ホグワーツに潜入。対抗試合に参加したハリーに優勝させ、優勝カップに触れさせてヴォルデモートの場所に送るために、さまざまな工作をする。ヴォルデモートの復活後、ムーディになりすましていることをダンブルドアに見破られ、真実薬を飲まされて元の姿に戻り、連行される。 ムーディになりすましている時には、ハリーを守るために行動する。ハリーに魔法をかけようとしたドラコ・マルフォイを白イタチにする、ドラゴンが相手の第1の課題でツエを使うようにアドバイスする、第2の課題のためにネビルを使ってハリーにエラ昆布を使わせるといった工作をする。.

セドリック・ は息子が自慢。年、 セドリック 率いるハッフルパフが、 ハリー のいるグリフィンドールをクィディッチの試合で破ったことをとても喜んでいた[4巻6章]。. セリフ ハリー・ポッターと炎のゴブレット セリフ紹介 ハリー・ポッターと炎のゴブレットのセリフ紹介。.

1 10. Jr [430] [45] [428]! 2[525] [526]6 [535]. 12[53][53] [535].

バーテミウス・クラウチ

ホグワーツ時代はスリザリン寮に所属しており、 ロドルファス 、 ベラトリックス 、ウィルクス、 ロジエール 、 スネイプ らと親しくしていた[4巻27章]。 ヴォルデモート が肉体を失った時、服従の呪文で従わされていたと言い訳してアズカバン送りを逃れた死喰い人の一人。 ヴォルデモート の復活の儀式に参加した[4巻33章]。年、「予言」について、間違った情報を ヴォルデモート に与え、罰せられた[5巻26章]。その年の6月、魔法省・神秘部に潜入し、「予言」を奪おうと、 ハリー らを襲った[5巻35章]。.

ドビー がダーズリー家で浮遊術を使った時[2巻2章]、 ハリー がマグノリア・クレセント通りで守護霊の呪文を使った時に、ふくろう便を送ってきた[5巻2章]。. バーティ・クラウチJrの凄さ ・ふくろう試験で12科目ALLパス ・ヴォルデモートの服従の呪文に抵抗する程強力な魔法使いである父の服従の呪文を打ち破る ・ワームテールの協力ありとはいえ、魔法省始まって以来の優秀な闇祓いと称される警戒態勢のムーディを撃破する ・携帯用酒瓶からしか飲まないという習性をポリジュース薬に応用する ・本物から癖や情報を聞き出していたとはいえ、長年の付き合いがあるダンブルドアやマクゴナガル達を1年間完璧に騙す ・実践的でレベルの高い授業をする  作中歴代の闇の魔術に対する防衛術の中でもトップクラスに有能でハリーに与えた影響も大きい  (ルーピンも優秀だがスネイプ・偽ムーディ両名に授業が遅れていて点が甘いと指摘されている)  彼のおかげでハリーの実力はかなり上がり、ヴォルの服従の呪文に抵抗したり、後に闇祓いになったり進路を示唆している ・魅力的な生物を自慢したがるハグリッドの性格やフェア精神に溢れたセドリックの性格、  何が何でもハリーを助けようとするドビーの献身的な性格を把握、考慮した上で遠回しに手助けする ・ネビルに対しても、磔の授業で落ち込んでいる彼に対するフォローと見せつつ、  彼の薬草学という唯一の特技分野を絡め、魔法水生植物の本をさりげなく渡して伏線を仕込む ・夜回りをしていた透明なハリーとスネイプ、フィルチとのやり取りから状況を一瞬で把握して、  スネイプの言葉尻を捉えつつ「しかし謹んで報告しておこう。君の考えがいかに素早くポッターに飛躍したかを!」と過去の負い目&ポッターとの確執があるスネイプを咄嗟の起点で丸め込む  おまけにハリーに恩を売りつつ、忍びの地図ゲット ・校庭に逃げ込んで来た父親もきっちり始末 ・強力な魔力を持つゴブレットを錯乱させる ・迷宮の外から難関な試練を次々と排除する ・優勝杯をボートキーにする ・19歳からアズカバンにいたので、その時点で既にこの位の機転や狡猾さ、実力を持っていた事になる.

ムーディらしくするために真面目にDADAの授業やったら、当然のことながら生徒の成長を促してしまった まあ普通に考えたら優勝杯で墓場に送り込んでしまえば、向こうでは復活したヴォルデモートとデスイーター達に囲まれるわけで、1年間指導する程度でつく実力なら誤差にしかならんわけで.

[45] [430] [47] [437].



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -バーテミウス・ クラウチ・ ジュニアとは

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0